フランスの凱旋門やイギリスのビックベンなど世界にある観光名所へ旅行に行った時には写真に収めたくなりますよね。そこで写真家のRich McCorさんは非常に面白いアイデアで写真を撮影しています。

それは黒い紙をその場所の風景に馴染むような形にして一緒に撮影するというもの。
aXXG9zz_700b_v1

外国人の反応

引用:9gag

>すごい発想ですね!街の景色をそんな風に見たことがないからすごく新鮮でカッコいいと思った!

 

>洞窟の中にある地下鉄の駅みたいな所は皆知っているところかい?

 

↑きっと私の故郷でもあるストックホルムだと思いますよ。

 

↑ホラーゲームに出てきそうな駅ですね。地獄へのエスカレーターのようです。

 

>素晴らしい写真だ。他にも彼のInstagramで面白い写真があったからずっと眺めていたよ。これからも世界各国でこのような写真を撮り続けて欲しいですね!

 

>上から5つめの写真はエストニアのタルトゥという街にある噴水にある像を表しているんだと思います!

 

↑「タルトゥ 噴水」で検索したら本当に出てきたよ。

 

>素敵な写真だね。凄く興味深いから僕もやってみようかな!誰でも簡単にできそうだしね!

 

>シンプルなのに芸術性を感じる。現代のアートと言う感じですね。

 

>1枚目のレゴの胴体は本当によく思い付いたと思います。自転車のタイヤを観覧車にしているのも素晴らしいです。ユニークで私は好きですよ!

 

>皆は紙と写真の融合を見て褒めているようだけど、僕は彼の切り絵のセンスが素晴らしいと思うよ。どうやったらこんな上手に切り絵ができるんだ?

 

>これも一種の拡張現実ですよね。時代の最先端ですよ!

 

>とても印象に残る写真だ。これから街を歩くときはこんな写真が撮れるんじゃないかって考えてみる。

 

>観光名所で普通に写真を撮らないでこうした工夫があると面白いね。私も簡単だけど遠近法とかを使った面白い写真を撮影するのが好きなんです!