海外「海外でも人気のねこあつめが2017年に実写映画されることが決定!!」海外の反応

  1. 世界の名無しさん

    海外でも人気のゲーム「ねこあつめ」の実写映画『ねこあつめの家』が2017年に公開される!

    ゲームアプリ『ねこあつめ』が伊藤淳史を主演に迎え、実写映画化されることが決定した。伊藤は本作について「心が温まり、今日よりも明日を見つめられるようになる、そんな作品になってると思います」と自信をのぞかせている。

     本作は、庭先に訪れる猫たちを眺めて楽しむアプリ『ねこあつめ』の映画化作品。劇中では、スランプに陥り郊外に引っ越した小説家・佐久本勝(伊藤)と、庭先に現れた猫たちとの交流が描かれる。解禁された場面写真には、にっこり笑顔の佐久本と、彼のもとに最初に現れる猫(シナモン)の姿が写し出されている。

     伊藤は演じた佐久本というキャラクターを、「作家として評価され新人賞を受賞したものの、その後なかなか力を発揮出来ず、悩み、苦しみ、自信を無くしているところに、猫と出会い、人生が変わっていくという役柄です」と紹介し、「猫が、佐久本を変え、大切な人を大切だと気付かせてくれて、未来を感じられる作品になっていると思います」とコメント。

    引用https://goo.gl/VH7aQq

    海外の反応をまとめてみました

  2. 世界の名無しさん

    これはすごいwwww

  3. 世界の名無しさん

    めちゃくちゃ驚いたよ

  4. 世界の名無しさん

    猫のおもちゃを買うためにひたすらイワシを集める狂った飼い主の物語になるのか?w

  5. 世界の名無しさん

    ↑まさしく俺得な映画だ

  6. 世界の名無しさん

    確かにゲームはかわいくて面白いけど
    なんでカジュアルゲームをあえて実写化したの?!

  7. 世界の名無しさん

    私の夢がついに叶う時が来たか

  8. 世界の名無しさん

    ねこあつめの実写ってどうしてこうなったんだ

  9. 世界の名無しさん

    どんなストーリーになるのか楽しみだね
    でも猫だから可愛ければなんでも良いや

  10. 世界の名無しさん

    ストーリーがとっても気になる

  11. 世界の名無しさん

    ほそぼそとプレイしていたねこあつめが映画になるなんてw

  12. 世界の名無しさん

    これってネットの嘘でもないんだよね?実際に制作されるんだよね?

  13. 世界の名無しさん

    今すぐにプレイしたい
    まちきれないよ

  14. 世界の名無しさん

    私の息子がとても喜ぶと思う

  15. 世界の名無しさん

    なんてこった、可愛い猫が現実になるのか

  16. 世界の名無しさん

    ばかみたいな映画だけど見ちゃうかも

  17. 世界の名無しさん

    これ、映画の尺はだいじょうぶなのか?ストーリー的に

  18. 世界の名無しさん

    日本ではアニメにかかわらずゲームでも実写化されていくね

  19. 世界の名無しさん

    このアプリちょっと前にプレイしたことがある

  20. 世界の名無しさん

    是非映画館に足を運ばないとね

おすすめ記事(外部サイトさま)

『海外「海外でも人気のねこあつめが2017年に実写映画されることが決定!!」海外の反応』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/11/11(金) 21:17:11 ID:6cc9e6bfd 返信

    なぜこの実写化が売れると考えたんだろう?

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/11/12(土) 19:02:17 ID:62e6fc8e6 返信

    人間が出てくる時点でクソ確定

  3. 名前:匿名 投稿日:2016/11/12(土) 21:39:17 ID:97d350274 返信

    どんなものか 気になる🎵

    • 名前:匿名 投稿日:2016/11/12(土) 21:40:02 ID:97d350274 返信

      そうだね

  4. 名前:匿名 投稿日:2016/11/13(日) 12:46:40 ID:6ef400041 返信

    意味不

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>