1. 世界の名無しさん

    どうして、50万人もの日本人の若者が学校とも仕事とも向き合えないでいるのか?

    引用goo.gl/8pFlPf

    海外の反応をまとめてみました

  2. 世界の名無しさん

    「どうして」って質問の答えは「わからない」
    この記事に書かれてる女性は、不安症みたいなものなのかも、精神的な問題がありそうな感じ。その一方で、政府は社会問題として扱っている。「ひきこもり」って言葉が、ニートも精神疾患を持ってる人も親のスネかじって怠けた奴らも、誰もが使える隠れミノみたいなものになるなら、ひきこもりって表現で統一すべきじゃないか。

     

     

  3. 世界の名無しさん

    2. ひきこもりについて、いろいろな媒体で書かれてるけど、70年以上前に書かれたアメリカ文学の傑作「ガラスの動物園」と比べたら、全部クソだよ。

     

     

  4. 世界の名無しさん

    英会話教師としての経験談だけど、何人かの子が数回授業を休んでしまうと、「みんながいろいろ言ってくるだろうから、もう今さら行けない…」って理由だけで辞めようとするって聞いたことがある。自分の生徒に、遅れず来れたら、すごく前向きにしっかり楽しんで授業を受けるのに、10秒でも遅れようものなら泣き出して「遅刻者」として教室に入るのが嫌だという女の子がいる。これって、日本文化の何かなのか、時代が生み出している何かなのか?

     

     

  5. 世界の名無しさん

    ↑心配性なんでしょ。全く同じ経験をしたことがある。理にかなってない麻痺してしまった思考ループで、どうしても抜け出せないんだよ。

     

     

  6. 世界の名無しさん

    ↑それが子供の時にサッカーやめた理由なんだよね、2ヶ月の練習期間の後に。東ヨーロッパでのことだけど。

     

     

  7. 世界の名無しさん

    カウンセリングとかって何かしらの役に立たないのかな、何もない現状よりマシな方向に向くと思うんだが。

     

     

  8. 世界の名無しさん

    ↑そうだな、何かしらにはなるだろ。でも、社会に出て行けないとかこういうことって実際のところ精神疾患のカテゴリーに分けられるでしょ。もし今の日本のメンタルヘルスへの対応が全てなのだったら、楽観視はできないでしょ。だって、ひきこもりが助けてもらいたいなら、何とかひきこもることをやめて助けを求めに出る必要があるわけ、それってひきこもりには無理でしょ。

     

     

  9. 世界の名無しさん

    「ひきこもりは長く問題視されていることもあり、安倍晋三首相は労働力の高齢化への対策の一環としてひきこもりを動員する計画を打ち出している。首相は、人口が現在の1億2700万人から1億人以下に減少することを食い止めると宣言し、労働人口全員が世界3番目の経済力を有する日本への貢献する必要がある」
    つまり、君たちを助けたいんだ、そして我々の歯車の一部として働いてくれってこと。ふざけるな。

     

     

  10. 世界の名無しさん

    ↑だよな!「おい、こっちの世界に来て企業という大君主様の誇るべき従業員になってみろよ!それが自分のためになるって!」

     

     

  11. 世界の名無しさん

    ↑ほんと、その通り。この前友達が言ってたんだけど、日本では、年寄は若者をどう自分の利益になるように使うのかだけを考えているってさ。正確な意見だな…

     

     

  12. 世界の名無しさん

    ↑それって、間違った取り扱いをされてる歯車の一部になるってのが根本の問題なんじゃないの?誰も喜んで、そんな歯車の一部にならんだろ。誰にことも責められないよね?若者に、自分を犠牲にしてください、無給でね、って頼んでるみたいなもんじゃん。

     

     

  13. 世界の名無しさん

    ↑もちろん、若者の中にも、その歯車の一部になったことがある子達もいるわけで、酷使されポイ捨てされた。その子たちに、何を持って戻ってこいって言えるの?また酷使するだけでしょ?クソが。

     

     

  14. 世界の名無しさん

    15時間働いても、8時間分の給与しか払われない?これって合法なの?

     

     

  15. 世界の名無しさん

    ↑法律なんて関係ないんだよ。そんなもん、誰も気にしやしない。

     

     

  16. 世界の名無しさん

    ↑日本はちっさな隠れ家、w

     

     

  17. 世界の名無しさん

    ↑その通り。時給は忘れろ、固定月給。

     

     

  18. 世界の名無しさん

    おー、お恥ずかしい両親のスネかじってゲームして、アニメ見て、漫画読んでっていう典型的なひきこもりと対照的だな。
    陰口を叩きまくって、自分のコミュニティから抹殺した人に対してとことん冷たくなれる日本人に憧れてしまうところもある。日本には素晴らしい人がたくさんいると思って流やつ、日本に行ってみろ。ちゃんと尖った牙を隠しもってるから。

     

     

  19. 世界の名無しさん

    「10年間、東京の小さなレストランで週に6日15時間労働してきた。8時間分の支払いしかされず、新しい子が入ってもすぐ辞める。だから、この10年ずっと下っ端」
    週90時間働く人はひきこもりってことになる?

     

     

  20. 世界の名無しさん

    ↑それって別次元の話だろ。ひきこもりの中には、文字通り引きこもって何もせずネットの世界に閉じこもってる。親が部屋まで食事も運んでくれるから、部屋を出るとすればトイレに行くくらい。一方で、ずっと働きづめで限られた人間としかやり取りがない。どっかのコインランドリー運営会社がこの手の人たちを、政府のプログラムの一環として雇ってたのを思い出した。精神疾患患者と認定してね。時給100-200円だってさ。おかしいだろ。

     

     

  21. 世界の名無しさん

    ↑いや違う。記事の子は、ダメになっちゃったんだよ。仕事やめて半年間ひきこもった。

     

     

  22. 世界の名無しさん

    ↑いじめられたか、精神的に追い詰められたかかもな。この話は、根深いよ。

     

     

  23. 世界の名無しさん

    ↑10年も下っ端で、職場から自転車で通える距離に住んでたってことが、最後まで残って朝一番に出勤するってことにさせたんだな。それってイジメだよな。でも日本の文化では、下っ端になるってことは、そういう面倒なことを受け入れなきゃならないってことだから。。

     

     

  24. 世界の名無しさん

    数週間前にひきこもりについてのドキュメンタリー観た。結構大胆な内容だったよ。何年もひとつ部屋に閉じこもってゴミまみれになるなんて、俺は無理だけど。

     

     

  25. 世界の名無しさん

    もしラスベガスにいたら全財産賭けるな。何にも変わりっこないんだから。心臓が動いてるだけ。

     

     

  26. 世界の名無しさん

    ↑残念ながら、そこにいる他の奴らも同じなんだよな。それってギャンブルとは言えないのかもなw