1. 世界の名無しさん

    日本が『宇宙のゴミ回収機』を打ち上げた

    引用https://www.reddit.com/r/space/comments/5hdctt/japan_launching_space_junk_collector/

  2. 世界の名無しさん

    ついに日本の漁業の人口統計は軌道に乗ったんだ
    というのも彼らは重たい漁業網を使っているからね

     

     

  3. 世界の名無しさん

    ↑それがうまく行けば、問題に対する興味深い解決策だね
    俺は、地球の軌道上のゴミに対処するには実際時間がかかると思うけど
    時間はあんまり問題にならない

     

     

  4. 世界の名無しさん

    これは日本の凄く良いアイディアだ!ね・・・そこにはクジラがいる事を教えてやるんだ
    あるいは中国人にその宇宙のゴミパウダーが君たちの地球のゴミを巨大にすると伝えてやるんだ

     

     

  5. 世界の名無しさん

    誰かが少なくとも試そうとしても
    誰もがただゴミを追跡してそれを全てナビゲートするだけなんだ
    うーん、うん

     

     

  6. 世界の名無しさん

    ↑それを掃除するには、それがどこにあるのか知る必要がある
    そこには沢山のゴミがあるんだし

     

     

  7. 世界の名無しさん

    ↑しないよりはした方が?

     

     

  8. 世界の名無しさん

    ↑ああ、彼らはそれをおもちゃ箱って呼ばなかった
    機会を逃したね

     

     

  9. 世界の名無しさん

    ↑あれは有人宇宙ゴミ船だろ

     

     

  10. 世界の名無しさん

    ↑彼らはあれを『コウノトリ』と名付けたよ
    そこに潜在的な可能性は失われたんだ、それを「かたまり」って呼ぶね

     

     

  11. 世界の名無しさん

    ↑ハハハ、スパイ衛星を掃除するまでどれ位時間がかかる事やら

     

     

  12. 世界の名無しさん

    ↑同じ事を考えたけど、通信衛星を掴んだらすぐに気づきはずだ

     

     

  13. 世界の名無しさん

    ↑それらの衛星はもっと高い地球の軌道にいるはずだ

     

     

  14. 世界の名無しさん

    ↑スパイ衛星はどこにでもいる、静止軌道上だけじゃない

     

     

  15. 世界の名無しさん

    ↑重要なもの(ELINT、大型光学系)のほとんどは非常に高い軌道にある
    サンシンクと極座標も非常に高い軌道にある
    低軌道にあるものは、大部分が小さく、寿命が短い/使い捨てです。

     

     

  16. 世界の名無しさん

    非常に高い楕円軌道は、ある時点で望みのエリアをスパイする為に近づくんだ

     

     

  17. 世界の名無しさん

    この構想にシミュレーションはあるのかな?
    俺は物体に「縄をかける」から大気圏にゆっくり落ちていくっていうアイディアが掴めないんだが
    宇宙の牛に投げ縄をするみたいな感じ?

     

     

  18. 世界の名無しさん

    ↑これは何にも触れないんだ
    これはただ電気力学的テザーの概念の証明にすぎない
    操作ミッションはおそらく、ゴミを捕獲するために何らかの種類のロボットアームまたはバッグを使用するだろう

     

     

  19. 世界の名無しさん

    スペースジャンクコレクターの概念を証明すると
    これはゴミとの引き合わせと捕獲設備が欠いているから、ゴミを取り除く事はできないだろう
    そしてミッションが終わる数日前に動作するだけだ
    これのゴールは、EDTが軌道操縦するのに実行可能な手段だと証明する事だ

     

     

  20. 世界の名無しさん

    ↑じゃあその点では宇宙ゴミそのものになるのか?
    面白い・・・
    ある種の職業保存みたいだね

     

     

  21. 世界の名無しさん

    ↑こういう物体は、軌道に乗って大気に再び入り、もはや必要がなくなった後に燃え尽きる軌道上に置かれる可能性が最も高い
    チームの目標はスペースジャンクを減らすことだから、テストを終えた後、軌道に乗ろうとするのは大変疑わしい

     

     

  22. 世界の名無しさん

    ↑正直言って返事を本当に感謝するよ
    とても雄弁だ
    俺はジョークとしてコメントしたんだが、しかし明らかにあまり良いものではなかった