1. 世界の名無しさん

    海外 日本在住のバーテンダー、4月に出産予定の妻がいて、毎月2000ドルの稼ぎに600ドルの家賃。八方塞がりな状態なんだけど、金銭的にどうすればいいんだろう?

    引用https://www.reddit.com/r/personalfinance/comments/5n49tv/i_have_a_pregnant_wife_who_is_due_in_april_i_live/?sort=old

  2. 世界の名無しさん

    何が八方ふさがりなの?何をアドバイスしてほしいのかわかりにくいな。

     

     

  3. 世界の名無しさん

    ↑もうすぐ生まれる子供がいるのに金銭的に妻と子供を養える状態じゃないから。今の仕事は何の手当ても出ないし。今日本の国民保険に加入しているんだけど、月37ドルかかって、妻の分も同じ。ちなみに妻は日本人で、自分は外国人。

     

     

  4. 世界の名無しさん

    ↑定職があって、家賃は収入の3分の1以下。国民保険の支払いもできる。他の支出はどうなってるの?借金?貯金?何がそこまで悩ませてるのかな?

     

     

  5. 世界の名無しさん

    ↑自分の妻がクレジットカードローンが1300ドルあるんだ。アパートはとても小さいから家賃は抑えられてる。問題は今住んでるところは、子供がいる人には賃貸していないから、3月には引越ししなきゃならない。金銭的に落ち着くまで、妻の実家で同居をするように言われているけど、そうしたくないんだ。貯金はないし。支出は、水道・電気・ガス・食費と電話代。他はないよ、月に270ドルくらいしか残ってないし。

     

     

  6. 世界の名無しさん

    ↑「問題は今住んでるところは、子供がいる人には賃貸していないから、3月には引越ししなきゃならない」これは、最初に言ってなかったよね。すごく重要な問題だよ。奥さんの実家に同居することを真剣に考え直すべきだと思うよ。北米では子供がいると借りれないなんて違法なんだけど、日本で本当にそんなことがあるの?

     

     

  7. 世界の名無しさん

    ↑家主が長時間働いてるサラリーマンの邪魔にならないようにってそういう規定を決めていて、それは完全に合法なことだから、日本では。

     

     

  8. 世界の名無しさん

    奥さんの実家に引っ越すべきだよ。もし八方ふさがりなんだったら、今目の前にすがれる出口を提示してくれてるんだよ。プライドとかは忘れる時だよ。

     

     

  9. 世界の名無しさん

    もし月に270ドル+家賃+国保を使っているなら、残りのお金はどうなってるの?ローン返済して、貯金を始めるべきだよ。もし実家で子供の面倒とか家のことを援助してもらえていて、他に手頃な家を見つけられないなら、助けてもらいなよ。

     

     

  10. 世界の名無しさん

    東京でいろんな支援に関する規定とかのウェブサイトがあったよ。住んでいるエリアにもあるだろうし、金銭的援助も母子手帳の手続きをするときに相談できると思う。

     

     

  11. 世界の名無しさん

    自分だったら、奥さんにも仕事を探してもらうか、もう仕事をしてるなら、少なくとも月3000ドルの収入になるようなものに変えてもらうかするね。スナップみたいな援助プログラムとかも使えるだろうし。もしタバコを吸ってるなら、そういう悪い習慣は支出を抑えたためにも止めるべきだよ。

     

     

  12. 世界の名無しさん

    ↑スナッププログラムって日本にもあるの?

     

     

  13. 世界の名無しさん

    ↑あるよ。日本ではそういうプログラムを使うことは恥と思う国だから、使おうと思ったことはないけど。大変な国だよ。周りにどう思われるかなんて気にせず、やれることをちゃんとやろうと思う。

     

     

  14. 世界の名無しさん

    ↑助けを求めるのは恥ではないよ。恥ずかしいと思ったとしても、自分の子供に可能な限り最高な未来を用意するのは大切なことでしょ?

     

     

  15. 世界の名無しさん

    タバコを止めることができたら、健康にも財布にも家族にも、何よりも赤ちゃんにとって利益になるんだよ。自分の子供には健康的な父親と健康的な環境のもとで育ってほしいでしょ。

     

     

  16. 世界の名無しさん

    奥さんに働いてもらうようにお願いしたらいいのに。アメリカでは出産直前の女性が働くのはよくあることだよ。日本ではマタニティハラスメントとかがあって違うのかもしれないけど。それと、何か副業を見つけるか。副収入を得られるような特殊技術とかないのかな?創造的になって、何か特技を生かして。日本の文化に外国人は興味を持っているから、日本のバーとかナイトライフについてビデオブログをとって公開するとか。頑張れ!

     

     

  17. 世界の名無しさん

    ↑妻も今は働いているけど、もうすぐ産休に入る。マタニティハラスメントは日本でもは本当に問題だよ。将来のためにコーディングの勉強を始めたところ。

     

     

  18. 世界の名無しさん

    ↑奥さんもコーディングとか何か在宅でできるフリーの仕事をするための勉強したらいいのに。

     

     

  19. 世界の名無しさん

    いろんな人の意見をまとめて、2つすぐにした方がいいこと。
    ・すぐに奥さんの実家に引っ越す。プライドは捨てて、引っ越す。子供が一番大切。
    ・子供が生まれて数ヶ月したら、収入を上げる可能な方法を探す。技術を身につける、副業をするとか。奥さんが復職できるように、家族は助けてくれそうなのか、とか相談する。
    いろんなことがあるだろうけど、家賃の問題と収入を上げることをまず最初に考えるべきだよ。

     

     

  20. 世界の名無しさん

    ↑YNABっていう予算管理アプリ知ってる?すごくおすすめだよ。副収入のために、英語を近所の人に教えるとかどう?

     

     

  21. 世界の名無しさん

    ↑いい考えだね。英語に興味のある人に、基本英語を教えるのはいいかも。

     

     

  22. 世界の名無しさん

    副業を探すのはいいよね。安定している仕事がいいよ。諦めないで!

     

     

  23. 世界の名無しさん

    何か役に立つスキルとかある?配管とか建設の経験は?高い学歴とかある?

     

     

  24. 世界の名無しさん

    ↑大学の学位もないし、ケニア人なんだよね。コーディングの勉強を始めたのと、英語を副業で教えようと思う。

     

     

  25. 世界の名無しさん

    ↑とにかくいろいろやってみて、まずはコーディングを使えるバイトを見つけるといいよね。それで資格を取って、フルタイムの仕事が取れたらいいから。

     

     

  26. 世界の名無しさん

    1000ドルくらいの使えるお金があるってことだよね?ローン返済とかはあるだろうけど、義理の両親に助けてもらえば大丈夫。出産後は奥さんも復職できるだろうから、収入は増えていくわけだから。プライドは捨てて、とにかく現状から抜け出さないとね。どんな手助けでも、手に入るものは受け入れて。