1. 世界の名無しさん

    海外 1976年ソビエトのパイロットが当時の最新機・MiG-25機で日本に亡命、日本は機体の詳細調査後の返却時に輸送費と滑走路の損傷修理まで要求したらしい。

    引用https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/5qvk20/til_in_1976_a_soviet_pilot_defected_to_japan_with/?sort=old

  2. 世界の名無しさん

    ソビエトが、機体引き取り時に、部品ごとの検査をしたら、20ピースの部品が無くなっていたとか。そこで、破損したとして日本側に1000万ドルを請求した。

     

     

  3. 世界の名無しさん

    ↑日本は絶対払わなかっただろうね。アメリカからもっと多額の請求がきていたから。

     

     

  4. 世界の名無しさん

    ↑ロシア人も払わなかっただろうね。

     

     

  5. 世界の名無しさん

    アメリカ諜報機関が1974年以降そのパイロットを追跡してたんだよ。

     

     

  6. 世界の名無しさん

    このことで、当時のソ連機になかったものが明らかになったんだよ。トランジスタがほぼなく、主に真空管でできていた。本質的に、ソ連の航空機はデザインも技術も遅れをとってたということだね。

     

     

  7. 世界の名無しさん

    ↑え、何だって?ロシアと言えば、科学者とエンジニアと技術くらいしかないでしょ。経済のことは何とでも言っていいけど、ロシアが何も新しいものを導入できなかったと言うのは、どう考えても間違っているよ。

     

     

  8. 世界の名無しさん

    ↑でも質は管理できてなかったね。ソビエトは素晴らしいデザインのものを作り出した。工場は、毎回同じ基準のものを生産することに問題があったこともあり、とてもシンプルなものしか作れなかったんだよね。

     

     

  9. 世界の名無しさん

    今の中国はソ連とはかなり違うよね。ソ連は資金不足もあり何かを生み出すのが困難で、間に合わせのものを多く作ってた。今の中国は資金力があり、年々資金力は強くなってる。もちろん、中国は模倣してることが多いけど、模倣することからその仕組みを学びとることができるしね。日本も同じところからスタートしてるよ。

     

     

  10. 世界の名無しさん

    ↑現代の航空機製造は開発するのが簡単ではなかったからね。An-225機については中国にとっては役立ったと思うよ。

     

     

  11. 世界の名無しさん

    ↑中国に住んでいたら、たくさんの革新を目にするよ。

     

     

  12. 世界の名無しさん

    この亡命したパイロットについての素晴らしい本があるよ。

     

     

  13. 世界の名無しさん

    アメリカがこの機体を細かく調査したら、性能予測が間違っているってわかったらしいよ。速度は確かにあったけど、短距離しか飛べないものだったとか。

     

     

  14. 世界の名無しさん

    ↑MiG25機はエジプト上空でレーダー探知されたことがあるよね。ただエンジンが溶けてしまったから、その1回だけだったみたいだけど。

     

     

  15. 世界の名無しさん

    基本的に「巨大なエンジンを積めば、何でも早く飛ぶ」というレベルだよね。実際、エンジンを中心に作られた機体だったし。

     

     

  16. 世界の名無しさん

    ↑アメリカも戦闘機を作るときに同じような考え方だったと思うよ。ただアメリカだから、エンジンじゃなく銃中心だったけどね。こうやってA-10機が生まれただよ。

     

     

  17. 世界の名無しさん

    ソビエトが作る飛行機は、西洋のものの2倍の重さで半分の馬力だったらしいよ。

     

     

  18. 世界の名無しさん

    アメリカ諜報期間は軽量機だと思ったらしいよ。巨大な翼はただ機体を重くしていただけだったんだけどね。アメリカが想定していた戦闘力はなかったってことだね。

     

     

  19. 世界の名無しさん

    北朝鮮でも同じようなことなかった?1953年にMiG15機で亡命っていうのがあったよ。

     

     

  20. 世界の名無しさん

    父親がこの事件のことでよく冗談言ってたよ「ソビエトは日本に機体の返却を要求して、日本は返却した、全て三菱製の部品でね。」

     

     

  21. 世界の名無しさん

    ブレンコ中尉は伝説だよ。彼は今アメリカ国籍だよね。1989年にMIG23機がベルギーで燃料切れになるまでパイロット不在状態で900km飛行したよね。

     

     

  22. 世界の名無しさん

    ↑1989年にトルコまで飛んできた飛行機もあるよ。パイロットはケーキミックスに睡眠薬を混ぜて、逃亡を図ったとか。

     

     

  23. 世界の名無しさん

    ↑アメリカのパイロットと比較して、どれだけのソビエトのパイロットが亡命したのかというのが驚きだよ。ブレンコは、亡命が多い理由について著書で書いてるよ。遠隔基地の軍事指揮は独裁者のようなものでひどい処遇を受けていたらしい。

     

     

  24. 世界の名無しさん

    空軍博物館で見たソビエト機はトラクターに翼がついたみたいなものだったよ。

     

     

  25. 世界の名無しさん

    請求しても支払われるとは思ってなかっただろうね。それどころか1000万ドルの請求が来たなんておもしろいよ。

     

     

  26. 世界の名無しさん

    自分の国のパイロットが誰も亡命しなかったと知って安心したよ。