1. 世界の名無しさん

    日本人の持ち家に対する考え方が欧米人と違っていて理解できない
    日本では、持ち家の資産価値は下落するものと考えられていて、38年以内に建て直されるのが一般的。持ち家担保の融資もなければ、リフォーム業もないらしい。

    引用https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/5yil1k/til_in_japan_houses_are_considered_depreciating/?sort=old

  2. 世界の名無しさん

    自分が今住んでる家は、1901年に建てられたよ。今までで必要だった修繕は数カ所で、電気系統と配管周りだけだけどね。

     

     

  3. 世界の名無しさん

    理解はできるよね。アメリカでは、持ち家を購入することに努力をして、社会での公平性を手にいれて、利益を手早く手に入れるために転売する、というのが通常だから、日本での考え方を受け入れるのは難しいのかもね。

     

     

  4. 世界の名無しさん

    ↑日本は地震がよく起きるから、自然によって持ち家が倒壊されるということもあるしね。だから安全を最優先してるんだろうし。

     

     

  5. 世界の名無しさん

    前の家には20年住んでたけど、屋根とかキッチンとかほとんどがリノベーションで、塗装とかちょっとしたメンテナンスが必要だっただけだった。建て直すなんて狂ってるって思うけどね。

     

     

  6. 世界の名無しさん

    自分の家は、築75年だけど、全く問題ないけどね。

     

     

  7. 世界の名無しさん

    新築しか購入しないんだよ、日本では。

     

     

  8. 世界の名無しさん

    ↑それって、自分の地位とかそういうことを考えてのことなのかな。自分は、60年代に建てられた家に住んでるし、あと数年は住むつもりだけどね。

     

     

  9. 世界の名無しさん

    ↑ある意味、文化的なところもある、天災で倒壊する可能性を理解してるから。そして、技術的なところもあるよね、日本人は常に最先端の安全対策がされた家を求めるから。

     

     

  10. 世界の名無しさん

    ↑前に起きた不動産バブルとは関係はあるのかな?

     

     

  11. 世界の名無しさん

    まぁ、日本の家は竹と紙でできていて、忍者が壁を何度も何度も通り抜けていることを考えると、当然だなって思うよ。

     

     

  12. 世界の名無しさん

    ↑その時代とゴジラの時代を考えると、本当に短期間だよね。

     

     

  13. 世界の名無しさん

    日本には世界最古の木製建造物があるよね、1400年前に建てられたものが。

     

     

  14. 世界の名無しさん

    ↑それは確かかな。何度も立て直しされているかもしれないよ。

     

     

  15. 世界の名無しさん

    ただ適切な建物基準がないだけじゃないのかな。

     

     

  16. 世界の名無しさん

    「日本のリフォーム業は、2015年に2%の伸び率・8427億に達した」
    なるほど、日本には確かにリフォーム業は存在していないね。。

     

     

  17. 世界の名無しさん

    数年前に日本に住んでいた時に、家を借りようとしたら、築100年以上の物件を紹介されたんだけど、暖房設備はないし、壁は紙みたいに薄いし、和式トイレだしね。日本の古い家には、独特の魅力があるけど、日本人が新築を好む理由は理解できるよ。

     

     

  18. 世界の名無しさん

    建物を壊した時に出る再利用できる資材はどうしてるの?ただ捨てちゃってるの?

     

     

  19. 世界の名無しさん

    ↑日本人はとても効率的だから、再利用できる鉄は侍の刀になっているんだよ。

     

     

  20. 世界の名無しさん

    これは、土地そのものの価値の高騰が関係しているように思うな。都市部になると、土地の価格はとんでもないものだから。土地そのものに価値があるから、そこに建っている家が理想のものでないなら、壊して建て直すだろうね。

     

     

  21. 世界の名無しさん

    人工的な「成長」を促す方法のように思うね。