1. 世界の名無しさん

    日本の鉄道職員によって実行されている”指差し確認”は業務上のミスを最大85%まで減少させているらしい

    引用https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/6e72mx/til_that_the_pointandcall_method_used_by_japanese/

  2. 世界の名無しさん

    これは最近の情報じゃないね。

     

     

  3. 世界の名無しさん

    早速、自分のオフィスでも取り入れてみるよ。

     

     

  4. 世界の名無しさん

    ニューヨークの地下鉄でも同じようなことしてるよ。

     

     

  5. 世界の名無しさん

    ↑記事で書かれてるよね。

     

     

  6. 世界の名無しさん

    これをやっても15%の人は失敗するって信じられないね。

     

     

  7. 世界の名無しさん

    ↑この統計の数字はそういう意味じゃないと思うよ。

     

     

  8. 世界の名無しさん

    労働安全衛生研究所によると、指差し確認をすることによって自身のタスクを動きと音声と連動させ意識を向上させるという原則のもとに成り立っているらしいよ。

     

     

  9. 世界の名無しさん

    ↑ちょっと軍隊っぽいってことなのかな。

     

     

  10. 世界の名無しさん

    この動画を見ると、その仕組みと意味がちゃんと理解できるね。

     

     

  11. 世界の名無しさん

    事務職の人にとっては、これは記録をつけたり細かくノートをとるってことと同じだよね。

     

     

  12. 世界の名無しさん

    アメリカの遊園地でも同じような動きをしてるよ。ジェットコースターのスタッフはシートベルトの確認が終わったら親指を立てて、「確認済み!」と声に出すことで、繰り返しの確認業務をしっかり意識してやるようにしてると思う。

     

     

  13. 世界の名無しさん

    ↑ライフガードも同じだと思う。

     

     

  14. 世界の名無しさん

    学生にとっては、この記事を見ると、どうして手書きのノートが記憶に効果があるか理解できるんじゃないかな。

     

     

  15. 世界の名無しさん

    通勤してる時に駅員さんのこの行動を見て、いい意味で催眠的な感じがするなと思ってた。安全性をあげるという意味はもちろん、電車の運行という仕事をとても真剣なものに見せる効果もあると思う。実際真剣な仕事だし。

     

     

  16. 世界の名無しさん

    これは天才的な考えだね。

     

     

  17. 世界の名無しさん

    こういうのを見ると、いかに日本がアメリカより進んだ国か痛感するね。

     

     

  18. 世界の名無しさん

    鉄道職員の何人が業務外で癖のようにこれをやってるのかな。

     

     

  19. 世界の名無しさん

    一見バカげた感じもするけど、すごく理にかなってるよね。こうすることで、作業を確実に進めることができると思う。

     

     

  20. 世界の名無しさん

    大阪に先月行った時に実際に見たよ。すごくプロっぽく見えたし、しっかり教育された感じがした。仕事を完璧にこなす自信を増強させているみたいなことかな。

     

     

  21. 世界の名無しさん

    日本にいた時に実際に見て、最初はすごく変な感じがしたけど、こういった勤勉さが日本の業務効率を上げてると思うようになったよ。