1. 世界の名無しさん

    歴史的に日本では緑と青に同じ言葉を用いていたため、
    緑ではなく青色の信号を使っているところがあるらしい。

    This Is Why Japan Has Blue Traffic Lights Instead of Green

    引用https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/74u74c/til_that_japan_has_blue_traffic_lights_in_some/

  2. 世界の名無しさん

    日本で友達に英語で「あのライトは何色?」と聞く。
    友「グリーン」

    「グリーンって日本語で何?」
    「緑」

    「じゃああのライトの色は日本語で何?」
    「青」

    わからんww

     

     

  3. 世界の名無しさん

    どう見るか、そしてそれを言語でどう表現するか
    とても興味深いね
     

     

  4. 世界の名無しさん

    言語学的に、アメリカ英語は今12番目の基礎色の名前について討論中だよ。
    アクアvsティールvsターコイズ
     

     

  5. 世界の名無しさん

    ギリシャ人は空を緑、海をワインと呼んでいたという事実を最近知ってとても困惑したよ。

     

     

  6. 世界の名無しさん

    あー、全ては繋がった気がするよ

     

     

  7. 世界の名無しさん

    日本人だよ。
    青っていう言葉は現代では青色を意味するけど、昔の日本語では黒と白の間のとても多くの色を示したんだ。
    主に濃い青、青、緑
     

     

  8. 世界の名無しさん

    緑は今は緑色を示すけど、伝統的に「新しく生まれたもの」もしくは「成長中のもの」を示したんだ。
    生まれたばかりの赤ちゃんは嬰児とか言われていたんだよ
     

     

  9. 世界の名無しさん

    日本の青色の信号は青っぽい緑だよね

     

     

  10. 世界の名無しさん

    日本人の緑と、欧米人のグリーンは色の鮮やかさが違うらしいよ。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91

     

     

  11. 世界の名無しさん

    現代の中国語では「藍」が青か緑

     

     

  12. 世界の名無しさん

    日本語は文脈に強く左右されるようだね

     

     

  13. 世界の名無しさん

    日本語では数や数え方に違った言い方があるんだよね。難しすぎるでしょ

     

     

  14. 世界の名無しさん

    ↑そんなに変じゃないよ。英語にも数え方によって違う言葉を使うじゃん。
    one
    first
    single

     

     

  15. 世界の名無しさん

    ↑日本語学んでいるものだけど、数え方はやってれば慣れるよ。
    本、枚、台、匹に注目してればいいと思うよ。
    あとは、こ、つ
     

     

  16. 世界の名無しさん

    言語に性別が絡むやつは難しすぎるよね

     

     

  17. 世界の名無しさん

    ひらがなとかたかなもあるからな。
    カタカナは外国の言葉に使われるよ。
     

     

  18. 世界の名無しさん

    ↑ベトナム語と中国も数える物によって言い方が違うよ

     

     

  19. 世界の名無しさん

    日本語を副専攻してるけど、日本語で物を数えるのは難しくて苦労してるよ。

     

     

  20. 世界の名無しさん

    言葉の歴史に関係してるんだろうな。中国語でも同じようなことがあるよ。
    昔の中国語では、青は青と緑両方を示したんだ。
     

     

  21. 世界の名無しさん

    緑は、グリーンだけを示すよね。